シンボルリンク(mklink)のやり方

この記事のmklinkはWindows10のPowerShellでは使用することができないので注意してください。
PowerShellの場合は下記の記事をご覧ください。
はじめに Windows10 creators アップデートでcmdからPowerShellに変わり、今回久々にシンボルリンクを作成しよう...

久々にminecraftのスクショをOnedriveに自動で同期したいと思いシンボルリンク(mklink)を使おうでした際少し迷ったのでメモとして残します。

シンボルリンクとは
簡単には言うと本当のデータはBの位置にあるけどAの位置にあるように見せかけることのできる方法です。

スポンサーリンク

code

コマンドプロント(管理者)で実行します。

mklink /d "A" "B"

※””(ダブルクォーテーション)はありでもなしでもOklahomaです。

“A”

シンボルリンクを作りたい場所を指定(架空)
例:

C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥.minecraft¥versions¥1.7.10¥screenshots

※コマンド実行する時に「screenshots」フォルダがある場合は削除しておいてください。エラーの原因になります。

“B”

参照先(本当にファイルがある場所(フォルダ))のディレクトリーを指定(実在する)
例:

C:¥Users¥(ユーザー名)¥onedrive¥Minecraft¥screenshots

実行後 AのフォルダにアクセスしたらBのフォルダの中身が参照されていれば完了です。

この記事が気に入りましたらフォローお願いします。

ブログの更新情報や日常の事などをつぶやいています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする